macOS Catalina 10.15でWacomのペンタブが動かない対処法

動かなかった物

ワコム ペンタブレット CTL-672

どう動かなかったか

ペンタブをUSB接続してペンをタブレットにタッチさせた際、下記表示が出てペンで書くことができない

環境

MacBook Air (13-inch, Mid 2012)
macOS Catalina バージョン 10.15.5

何をしたか

アクセシビリティの確認

システム環境設定 -> セキュリティとプライバシー ->プライバシータブ -> アクセシビリティ

よし!チェックはついてるな!

入力監視の確認

システム環境設定 -> セキュリティとプライバシー ->プライバシータブ -> 入力監視

よし!チェックはついてるな!

ドライバの再インストール

対応するドライバを調べて最新ドライバー(Driver 6.3.39-1)をダウンロード後、解凍、インストール、再起動。

あわせて読みたい
Wacom|ドライバダウンロード

何回やっても直らない、なんで?

どうしたら直ったか

ドライバの削除

アプリケーション -> ワコム タブレット -> ワコムタブレットユーティリティ

タブレットドライバ:「アンインストール」ボタンからドライバの削除、再起動。

アプリケーションから「ワコム タブレット」そのものが削除される。

ドライバのインストール

すでにダウンロードしてあるならそのまま利用。
対応するドライバを調べて最新ドライバー(Driver 6.3.39-1)をダウンロード後、解凍、インストール、再起動。

あわせて読みたい
Wacom|ドライバダウンロード

ペンタブをUSB接続してペンがタブレット上で正常に反応することが確認できた。

まとめ

現状上書きでのドライバインストールでは改善されず、ドライバを”完全”に削除した状態で対応ドライバをクリーンインストールしなければならない、という結論。結構悩んだ割に解決はあっさり。

Wacomのエラー表示を鵜呑みにしてそのとおりの作業をしても改善されない。
公式サイトの手順に則り「ステップ1: タブレットドライバのバージョン確認」「ステップ 2: タブレットドライバのインストール」これをやってもハマる。個人的にはこのあたりが問題でした。

ドライバをクリーンインストールしWacomのデバイスとして認識された後、適切な権限が付与される(アクセシビリティ、入力監視)ことで正常に使えるようになる、ということですね。

以下参考にあるWacomのタブレットドライバ対応状況、ワコム製品 OS 対応状況についてもきちんと確認しておくべきだと思います。

複数デバイスを扱ってたりする場合はこの限りではない可能性もあるので、そのあたりはご了承ください。

Catalinaさんのセキュリティ強化がそもそもの…というのは、言わないであげましょう。

他にも調べてたところではドライバのバージョンを下げる、OSをCatalinaより前にするなど、ペンタブの型や環境によって対応もさまざまでしたので、一つの解決策として記しておきます。

参考

macOS 10.15 Catalina用のタブレットドライバ対応状況について

Wacom
Wacom GlobalWacom Global

ドライバダウンロード

あわせて読みたい
Wacom|ドライバダウンロード

ワコム製品 OS 対応状況

あわせて読みたい
Wacom|ワコム製品OS対応状況

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする