FinalFantasy VII REMAKE

23年の時を経て生まれ変わったFF7、当時は解体新書片手にそこそこやり込んだものです。とはいえ、私はやったゲームの事をあんまり覚えてる方ではないので、大筋のストーリーとシステム、敵や召喚獣は分かるけど、細かいストーリーの背景やどんなマテリアがあったとか最強装備はどんなだったとかはさっぱり覚えてません。なので、逆に楽しみです。

少し前に体験版が出てたのでやってみたのですが、映像や音楽、全体的な魅せ方は素晴らしく、あまり期待していなかっただけに久しぶりに楽しみなRPGがでると思い少しワクワクしてました。

いざ始めてみると、体験版の時も少し感じたのですが、とにかく戦闘が難しい…クラシックモードというコマンドメインの戦闘も選択できるのですが、私は通常モードという現代的な戦闘で始めてしまったのも原因の一つかもしれません。

とはいえ、ティファが出てきたらティファに惚れ、エアリスが出てきたらエアリスちょっと軽いなーと思いつつも動き可愛さに見とれてしまったりと、現代的なグラフィックで蘇ったキャラ達に感動すら覚えました。確かにモブキャラや部屋の内装のテクスチャがひどいとかいろいろ言われてますけど、当時のFF7で想像しかできなかったスラム街の上にそびえるプレートがちゃんと作られていたり、サブキャラ達にスポットがあたったサブクエなんかもとてもよくできていると感じます。まぁ、お使いクエも多いけど。

バイオあたりは成功してたけど、昨今のリメイクゲームの中では成功に値する部類なんじゃなかろうか。現代の技術と知識の粋が集められてる感はある。ボリュームもミッドガル脱出までだが、普通にやってれば3、40時間はやれると思う。後は基本的なベースシステムとキャラ、手法が確立されてるだろうから、次作以降がどの程度でローンチされるかというところが気になるところ。そもそも3部作とか4部作とか言われてるけど、何部作になるのかも正式には発表されていない。メーカー側にはそのあたりの全体スケジュールも含めて早めに発表してくれるとうれしいな。

ネタバレとか考察とか書きたいわけじゃなくて、SS撮ったから残したい。みんなみてみてー!ってやりたかっただけだからね。あーそうだ、デスストくらいナイスなフォトモード追加してほしいです。こんなに素晴らしいキャラや街なのにSS撮るの難しすぎます。

結局のところ気になるのは、

  • 全部で何部作で最後まで何年かかるのか
  • FF7R-nでFF7R-(n-1)のキャラ育成状態を引き継げるのか
  • FF7とは別の解釈となりリメイクというよりリボーンになってしまうのか

というところです。

とはいえ、こんなゲーム作られちゃったら、

これだからゲームはやめられない。

ってなりますよね、はいごちそうさま。

ちなみにこれ前回のASTRO MixAmp Pro TRをつなげてプレイするとやっばいから。マジおすすめ!

最後にレノ役の藤原啓治さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする