テレワークを快適にすごすための機材を考える

会社からテレワーク要請が出ている方も多くなってきましたね。しかしいざ自宅で作業となった時に困ったり不便に感じることも多いのではないでしょうか。そこで今回はあったら便利、快適なものをあげていこうって記事です。いやぁ、考え出すと欲しい物ばっかりでした。これを機に自宅環境をパワーアップしてストレスを無くしていこう!

モバイルディスプレイ

自宅に必ずしもデスクトップPCがあるわけではないし、会社からノートPCが支給されてそれを利用するといった形式も多いのではないだろうか。かといってでかいディスプレイ買うのもなーと思ったらモバイルディスプレイが便利。SwitchやPS4にも使えて持ち運びまでできてしまう。

キーボード

ノートPCのキーボードじゃ不便だと思う方は、キーボードも新調しちゃいましょう!

個人的にはHHKBかREALFORCEかってくらいの最終兵器。REALFORCEは音がとっても静かです。

FILCO Majestouch MINILA Airは赤軸を使ってます。当時HHKBにBluetoothがなかった時に買ったのですが、使い勝手もいいし重宝しています。REALFORCEに比べると打鍵音がうるさいけど、赤軸なら許容範囲。青軸はカチッとした打鍵感はあるけど個人的にはうるさすぎる。

キーボードは過去記事をアップデートするぞって思ったら、読み物になってるし製品もだいぶ古いので参考までに。

Web会議

ノートPCであれば大抵カメラがついているので特に気にならないのだが、いざデスクトップPCでWeb会議ってなった際に私はカメラがないぞってなった。自前のデジカメやらハンディカム、GoPro、iPhoneをPCに繋いで代用できないかいろいろと調べたのだができなそう。というわけで、Webカム。

1080p60である必要はないと思うので、そのあたりは価格帯と応相談でしょうか。きっとこれから私はWebカム画像を3teneでフッキングして3DアバターでWeb会議に出ることになるのでしょう、楽しみですね。

実際にWeb会議をしていると思うのですが、WebカムやノートPCのマイクだと距離によっては聞き取りにくかったり相手によく聞き返されたりして困ったりすることがあります。そうです、マイクも欲しい!

こちらはUSBで繋いですぐ使えるので便利ですね。

マランツのコンデンサマイクは安くて高性能だとよく言われています。

こちらは配信者さんとかもよく使っているAG03、音量調節やエフェクトなども手元で操作できるしスマホ等にも使えて便利、テレワーク需要もあり現在どこにも売ってない模様。

SteinbergのUR22mkIIもループバック機能付きのオーディオインターフェース、サイズもとってもコンパクト。

ヘッドセットは会議にも集中できるし、声も聞き取りやすく伝えやすい。マイクとセットになってるからこちらもすぐ使える。

最後に

これ機材探してると思うんですけど、完全に顔出し配信者の方向に向かってるんですよね。んで、顔だしたくないなーと思うと先程も出てきましたが、3teneとかでフッキングしてアバターでってVtuberになっていきます。そのあたりで一旦我に返っていやいや別に配信したいわけじゃないしってなる。

オンライン飲み会とかも徐々に浸透してきていますし、今回の件で世のITリテラシーが高まったり楽しみの幅が広がっていくことはとても良いことだと思います。お上はそうでもないみたいだけどね、オンライン投票はよ!オンライン授業も!

新型コロナウィルスに関しては皆様も周りの方々も大変だとは思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!

さて、オンライン飲み会でもしよか?

※追記 Amazonさんでの機材はテレワークする人の駆け込み需要でだいぶ品薄になってるようですね。倉庫の方も商品入荷制限、日用品優先へという記事が出ていました、気長に待ちましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする