No.6

August 16, 2011

最近はすぐにアニメに影響されるわけで。。。

今、ノイタミナでやってる「No.6」というアニメを観ているのですが、絵はまぁ好みではないけど、アニメそのものは結構面白いので継続して観ているわけです。まぁ、大体が世界観で判断してしまっているのかもしれません。

原作を見ると「あさのあつこ氏」、バッテリーの人か。まぁ、バッテリーは観たことも読んだこともないのですが。。。(ごめんなさい;)この方の小説自体読んだことないのですが、この世界観とやらがどう活字として表現しているのかに興味が出てしまいまして、早速Amazonで検索をしてみるわけでございます。

おっ、あったあった。
そもそもこの物語は、6年も続いていたんですねぇ。そして終わったのが。。。!!2011年6月発売最終巻とは。。。大分長い間紡がれてきた物語なんですね、全9巻ですか、なかなかのボリューム!!

-----Amazonの説明より
2013年の未来都市《NO.6》。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑(しおん)は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急転回。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう? 飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに……。
-----

私は、先日1巻が届いたので早速読みましたが、アニメは今のところ原作に忠実ですね。
アニメを先行して観ている私としては、キャストの声が小説のキャラにはまるので読みやすかったですね。
2巻はよ。。。って感じですw楽しみですね!!

ひとまずは、アニメの1話が↓で無料で観られるので興味がある方はぜひに。
【無料】#1 「びしょぬれネズミ」

■参考
No.6公式